アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで稼いでみる 2017

アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで実際にどれだけ稼げるものか実験です。

アフィリエイトのキーワード その2「対象から外れている人にも悩んでいる人がいる」



商品や、サービス、様々な悩みに関して、ある一定の層が「対象」というイメージが出来上がっていると思います。そして、多くの人がそのイメージに縛られています。

しかし、実は対象から外れた層にも、その商品、サービス、悩みの解決法を必要としている人がいます。

アフィリエイトにおいては、そういった対象から外れた人々のためのサイトを作ることも有効です。

なぜなら、「対象」に向けたアフィリエイトサイトよりもライバルが少なく、競争が楽になるからです。

 

 

対象の分け方としては、「年齢」「地域」「職業」「性別」「年収」等があります。


「年齢」に関しての例を上げてみます。

 


例)更年期障害 


更年期障害というと、「40代~50代の更年期の女性に現れる症状」というイメージが一般的だと思います。

しかし、実際はもっと若い世代の人でもホルモンのバランスが乱れることで同じような症状が出る人もいます。

私の場合、20代前半で更年期障害のような症状が出ました。

更に、私の場合、男性なので「性別」でも対象の外でした。男性にも更年期障害があることは少しずつ知られてきてはいますが今でも女性に現れる症状というイメージが根強いと思います。


対象から外れている人は、何故そういうことが起るのか分からないため非常に困っています。

そんな人に悩みの対処法教えてあげて、悩みを解決するための商品やサービスを紹介すれば成約率が高くなるというわけです。

 

 


対象から外れている人に向けて情報を発信する場合、病名などではなく、具体的な症状などをキーワードにしてサイトを作ったほうがいいです。

というのも、対象から外れている人は、自分がそこに当てはまるとは思っていないため、病名などのキーワードでは検索しないからです。

 

関連

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール
id:afit id:afit

アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで実際にどれだけ稼げるものか実験です。