アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで稼いでみる 2017

アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで実際にどれだけ稼げるものか実験です。

アフィリエイトのキーワード その3「実際にお金を払う人は?」

 

アフィリエイトの記事を書く時は、「実際にお金を払うのは誰か」を意識して書くことが大切です。


商品やサービスは「子供向け」「高齢者向け」「小学生向け」「中学生向け」「高校生向け」「大学生向け」「女性向け」「男性向け」という感じに対象が設定されていますが、実際にお金を払うのは、対象とされている本人とは限りません。

 

こちらの記事

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

で書きましたが、誰かが、自分以外の誰かのために購入するということがよくあります。

 

例えば、「子供向け」の商品やサービスは、対象である子供本人がお金を払って購入するよりも、子供の関係者である大人たち(両親、祖父母、親類など)がお金を払うことが多いと思います。

 

というわけで、「子供向け」の商品についてアフィリエイト記事を書くなら、その商品が子供にとって、どんなデメリットがあるか、どんなメリットがあるかを、実際に商品を購入する大人たちに魅力的に映るよう、アピールすることが必要になります。

 

「女性向け」の商品は、女性が自分のために購入する以外にも、「彼氏が彼女に」プレゼントとして購入することがあります。

この場合、商品の対象である女性に向けたアフィリエイトの記事を書く以外にも、女性のアフィリエイターの方ならば男性に向けて、女性目線でその商品のデメリット、メリットをアドバイスすることもできることになります。


このように、実際にお金を払う人を意識することで、より上手に商品を紹介することができます。


さて、「対象」とは、商品を売る側の目線で決められたものです。

アフィリエイトする商品の販売サイトの情報だけを参考に記事を作成すると、どうしても商品を売る側の目線の記事になってしまいがちです。

「商品をどうやって売ろうか」という感じの記事よりも、買う側目線の、「商品を買いたくなる」情報を記載した記事のほうが、より購入を促すことができます。

 

 関連

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

 

 

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

 

プロフィール
id:afit id:afit

アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで実際にどれだけ稼げるものか実験です。

リンク
リンクシステム
アフィリエイト比較サイト
きもの 着付け教室
ラーメン
ピアノ教室
ハッピーメール公式