アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで稼いでみる 2017

アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで実際にどれだけ稼げるものか実験です。

アフィリエイトで説得力を増す数字の使い方

数字の上手な使い方

 

省略しない

 

データの数値は省略しないで細かいところまで表示したほうが信頼を得られます。

 

例えば、ダイエット食品をアフィリエイトするとします。

 

ダイエット食品のおかげで痩せたというダイエットの体験談を書く場合、結果の発表で、キリの良い数字にして「5,000円で、5kg痩せた!!」よりも、端数までしっかり表示して「5,378円で4.9kg痩せた!!」のほうがリアルなものになり、説得力が増します。

 

痩せるまでの期間も、「半年間で」よりも、「183日間で」のほうがリアルな感じが出ます。

 


1位じゃなくても大丈夫な場合がある

 

販売数のランキングサイトを作る場合、「第1位 今月の販売数500個突破!!」よりも、「第1位 今月の販売数:504個」のほうが確かなデータとして受け入れてもらえます。

 

また、総販売数が分かる場合はそちらも一緒に表記してみてください。


販売数ランキングでは、1位になった商品のほうがその後も売れやすいような気がします。そのため、ランキングの集計期間を1週間、10日間、半月、1ヶ月間など、自分が売りたい商品が1位だった期間で区切って1位ということにしてしまうことも可能ではあります。

 

しかし、それよりも販売数で1位になったのは○○だけど、実は2位の●●は、~という点で優れているという感じのほうが関心を持ってもらえると思います。ランキング1位になった商品以外でも、アピールできる客観的なデータがあれば、商品の良さを伝えることができます。

 

販売数第1位、満足度第1位、成分量第1位という風に、1位ばかり並べると、なんか嘘っぽくなってしまいます。そこで、3位とか、5位の項目も並べたほうが、良いです。むしろ1位になっている項目が引き立つことになります。

 


「1日分だと何円」に分解する

 

30日分、60日分、120日分というサプリメントなどの価格を1日分だと何円か計算して、割安感を出します。昔からある方法ですが今でも有効です。

 

 

 参考

 

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

 

 

affiliate-netbiz.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール
id:afit id:afit

アフィリエイトや小遣い稼ぎアプリで実際にどれだけ稼げるものか実験です。